米-米俵

JA全農山形|庄内平野のホームページ-おいしい国庄内〜美味しい庄内米“はえぬき”ができるまでJA全農山形

庄内平野のホームページ-おいしい国庄内〔JA全農山形〕トップページ庄内平野の米づくり〜美味しい庄内米“はえぬき”ができるまでマイ子とコメ夫のバケツ稲の育て方(お米ができるまで)庄内米おもしろ質問箱
サイトマップ〔JA全農山形〕庄内平野のホームページ-おいしい国庄内

特別栽培米〔特別栽培農産物〕(精米)


特別栽培米(特別栽培農産物)とは


1.特別栽培農産物生産の原則

農業の自然循環機能の維持増進を図るため、化学合成された農薬及び肥料の使用を低減することを基本として、

  1. 土壌の性質に由来する農地の生産力を発揮させる。
  2. 農業生産に由来する環境への負荷をできる限り低減した栽培方法を採用して生産する。

〈適用対象〉
次の品目で不特定多数の消費者に販売されているもの
  ●未加工の野菜・果実
  ●乾燥調製した穀類・豆類・茶等


2.特別栽培農産米とは

その農産物が生産された地域の慣行レベル(各地域の慣行的に行われている節減対象農薬及び化学肥料の使用状況)に比べて、

節減対象農薬の使用回数が50%以下、化学肥料の窒素成分量が50%以下で栽培された農産物です。

節減対象農薬の使用回数が50%以下、化学肥料の窒素成分量が50%以下 節減対象農薬と化学肥料双方の節減が必要です。
なお、節減対象農薬を使用しなかった場合、「節減対象農薬:栽培期間中不使用」との表示になります。
有機農産物とは、種まき前2年以上、栽培期間中も禁止された農薬、化学肥料を使用しないで栽培された農産物です。
特栽ガイドラインで節減対象の化学合成農薬についての説明図

〈名称について〉
「特別栽培農産物」と一括りの名称。
農薬等資材の節減割合を隣接して表示。

     節減対象農薬
不使用 5割以下に削減 慣行レベル
化学肥料
(窒素成分)
不使用 特別栽培農産物 適用の範囲外
5割以下に削減 適用の範囲外
慣行レベル 適用の範囲外 適用の範囲外 適用の範囲外


3.特別栽培米(精米)を生産流通するには

栽培責任者・確認責任者・精米確認者らが、該当するお米の生産流通にあたり、事前に作成された栽培計画に沿って、適切に生産流通されていることを調査確認するとともに、管理記録の記載内容の確認指導を確実に行う必要があります。


4.「特別栽培米」の表示を行うには

販売するお米に「特別栽培米」の表示を行うには、農林水産省「特別栽培農産物に係る表示ガイドライン」に準拠している旨を「農林水産省新ガイドラインによる表示」いわゆる『ガイドライン表示』によって、包装容器または票片に正確に表示する必要があります。

尚、節減対象農薬の使用状況を包装容器または票片に表示できない場合は、インターネットなどで情報提供することもできます。

ガイドライン表示(例 玄米)

庄内型特別栽培米「げんきくん」2011年 タイプ2 【庄内たがわ】
農林水産省新ガイドラインによる表示 節減対象農薬の使用状況
特別栽培米 使用資材名 用途 使用回数
節減対象農薬 当地比 5割減 ヒドロキシイ
  ソキサゾール
プロベナゾール
フサライド
プレチラクロール
ピラクロニル
イマゾスルフロン
ブロモブチド
イミダクロプリド
エトフェンプロックス
エチプロール

殺菌
殺菌
殺菌
除草
除草
除草
除草
殺虫
殺虫
殺虫

1回
1回
1回
1回
1回
1回
1回
1回
1回
1回
化学肥料
(窒素成分)
当地比 5割減
栽培責任者

 所在地
 連絡先
庄内たがわ農業協同組合
 営農販売部

山形県鶴岡市上藤島字備中下3-1
Tel 0235(64)4929
確認責任者

 所在地
 連絡先
全国農業協同組合連合会山形県本部
 庄内統括事務所

山形県酒田市山居町2-3-8
Tel 0234(26)5360




特別栽培米(精米)の節減対象農薬の使用状況のご案内特別栽培米〔特別栽培農産物〕(精米)とは

このページの先頭へ
ひとつ前のページにもどるJA全農山形〔庄内統括事務所〕トップページに戻る
Copyright  JA Zen-noh Yamagata (Shonai branch). All Rights Reserved.