米-米俵

JA全農山形|庄内平野のホームページ-おいしい国庄内〜美味しい庄内米“はえぬき”ができるまでJA全農山形

庄内平野のホームページ-おいしい国庄内〔JA全農山形〕トップページ庄内平野の米づくり〜美味しい庄内米“はえぬき”ができるまでマイ子とコメ夫のバケツ稲の育て方(お米ができるまで)庄内米おもしろ質問箱
サイトマップ〔JA全農山形〕庄内平野のホームページ-おいしい国庄内

飛島体験航海編|マイ子とコメ夫の夏休み庄内探検日記2004-飛島体験航海編

10111213

ヨットに乗るゾー!


マイ子 おはようございます、ハカセ。
コメ夫 おはようハカセ、今日はよろしくおねがいしまぁす!
ハカセ やあ、おはよう、ふたりとも。今日は待ちに待った飛島旅行の日じゃな。天気も良くて絶好の航海びよりじゃぞ。乗船の準備はできとるかの?
マイ子 ハ〜イ、ハカセ。いよいよハカセのヨットに乗れるなんて、ワクワクしちゃうわ。
コメ夫 これがハカセのヨットかぁ。カッコいいなぁ。
マイ子 ヨットって、初めて見るわね。近くで見るとけっこう大きいのね。
ハカセ わしのヨット「真咲(まさき)」は31フィートじゃから、おおよそ10メートルくらいはあるかの。でもこのマリーナではそんなに大きい方じゃないんじゃぞ。
マイ子 「真咲」なんて、おしゃれな名前ね。
コメ夫 どこから乗ればいいの、ハカセ?
ハカセ そこの渡し板をつたって乗っとくれ。くれぐれも落ちんように気をつけてな。
コメ夫 ハカセ、乗船しましたぁ!
ハカセ 2 人とも荷物をキャビンにうつしたら、まずライフジャケットを着なさい。海の上は安全第一じゃからの。
マイ子 ライフジャケットって、救命胴衣(どうい)のことね。
コメ夫 このチョッキみたいの? こんなので海に浮かぶの?
ハカセ 万がいち海に落ちたら、あわてずに下の方についているヒモを引きなさい。小型ボンベからガスがいきおい良く出てジャケットがふくらむ仕組みじゃ。あ、いま引いちゃイカ〜ン。
コメ夫 ハ〜イ。それよりハカセ、早く海に出ようよ!
マイ子 コメ夫くん、ダメよ。海の上では船長さんの言うことは絶対なのよ。こないだの準備会でハカセに教わったじゃない。
※ マイ子たちは事前の勉強会で、飛島の歴史や海上法規(かいじょうほうき=海の上の交通ルール)などを学習しました
ハカセ そのとおりじゃ。船に乗ったら、経験が豊かなキャプテンの言うことをきちんと守るのは、海の世界のキマリじゃぞ。
それじゃ、そろそろ出港しようかの。コメ夫くん、バウ
(船の前の部分)のもやいづなをほどいてくれんかの。マイ子ちゃんはアフト(船の後ろの部分)のコックピットに座っていなさい。
マイ子 ハ〜イ、船長! コメ夫くんも、カッコいいわよ。
コメ夫 エヘヘヘ。よぉし、飛島へ向けて出航だぁ!


マップ


みなさん、こんにちは!
夏休みももうすぐそこだね。いつも「マイ子とコメ夫のバケツ稲観察日記」を応援してくれて、ありがとう。コメ夫とマイ子の通う庄内米小学校は、ひと足さきに夏休みになりました。

待ちに待った夏休み! キャンプに昆虫採集(こんちゅうさいしゅう)に海水浴・・・・・。コメ夫もマイ子も今から、まっ黒に日焼けするまで庄内の自然の中で遊ぶ作戦を立てています。でもちょっと待って。その前にコメ夫たちも頭を悩ませている夏休みの「自由研究」があったっけ! みなさんはどう? なんだかんだ言っても自由研究って、課題をえらぶまでがめんどうなんだよね。

そこでコメ夫とマイ子はハカセのヨットに乗せてもらって、庄内浜の沖合いに浮かぶ山形県でただひとつの島「飛島(とびしま)」に行き、海の中の生き物を観察したり野鳥観察などをしながら、飛島の歴史や自然について学ぶことにしました。

飛島は、酒田港の北西39キロメートルの洋上に浮かぶ、周囲10.2キロメートル・広さおよそ2.7平方キロメートルの小さな島で、3つの村におよそ320人が暮らしています。島の周囲を対馬(つしま)海流という暖流が洗うため1年を通して暖かく、平均気温も12℃以上と東北地方の中でももっとも暖かい方です。透明度の高い海がダイビングスポットとして全国のダイバーに人気のほか、渡り鳥の中継地としても全国的に有名で、270種もの野鳥が確認されています。

さあ、お話はこれくらいにして、きみもさっそくコメ夫たちといっしょに庄内探検の旅に出かけよう!



最初のページへ すすむ

このページの先頭へ
ひとつ前のページにもどるJA全農山形〔庄内統括事務所〕トップページに戻る
Copyright  JA Zen-noh Yamagata (Shonai branch). All Rights Reserved.