庄内平野 NOW!
JA全農山形〔庄内統括事務所〕トップページに戻る


庄内平野 特別編〜はえぬき定点観測
下にならべた一連の写真は、苗がしっかりと根づいた5月下旬から毎週土曜日ごとに、酒田市大町の田んぼで定期的に撮影して稲の生長のようすを見くらべたものです。小さくて弱々しかった赤ちゃん苗たちが、秋にはこんなに太くたくましく生長しています。なんだか生命の神秘を感じませんか?

◇2週目 5月21日(土) ◇3週目 5月28日(土) ◇4週目 6月4日(土)

田植えからちょうど10日がすぎ、しっかりと田んぼに根づきました

田植え後3週目に入り、葉が直立してきました

背丈が20センチを超えました
大きな画像で見る 大きな画像で見る。
大きな画像で見る 大きな画像で見る。
大きな画像で見る 大きな画像で見る。

◇5週目 6月11日(土) ◇6週目 6月18日(土) ◇7週目 6月25日(土)
6葉期のはえぬき。このころは1週間に1枚くらいの割合で葉が増えていきます 7葉期。株分れがどんどん進んでいます 8葉期。草丈は40センチを超えています
大きな画像で見る 大きな画像で見る。
大きな画像で見る 大きな画像で見る。
大きな画像で見る 大きな画像で見る。

◇8週目 7月2日(土) ◇9週目 7月9日(土) ◇10週目 7月16日(土)
作溝・中干しで水を落とし、稲の根を力づけます 3〜4日おきに水を入れたり抜いたりして株分れを抑えます 葉は11〜12枚にまで増え、茎の中には穂の赤ちゃんができています
大きな画像で見る 大きな画像で見る。
大きな画像で見る 大きな画像で見る。
大きな画像で見る 大きな画像で見る。

◇11週目 7月23日(土) ◇12週目 8月1日(月) ◇13週目 8月6日(土)
止め葉と呼ばれる13枚目の葉が出ました よく見ると茎の最上部がふくらんでいて中の穂が透けて見えます 出穂したばかりのはえぬき、稲の開花はほんの一瞬のドラマ
大きな画像で見る 大きな画像で見る。
大きな画像で見る 大きな画像で見る。
大きな画像で見る 大きな画像で見る。

◇14週目 8月13日(土) ◇15週目 8月20日(土) ◇16週目 8月27日(土)
穂が出そろったころを「穂ぞろい期」と呼びます だんだん実りはじめ穂が垂れ下がってきました。稲の穂が実るころは「登熟期(とうじゅくき)」と言います 登熟がすすみさらに穂が重くなってきました
大きな画像で見る 大きな画像で見る。
大きな画像で見る 大きな画像で見る。
大きな画像で見る 大きな画像で見る。

◇17週目 9月4日(日) ◇18週目 9月10日(土) ◇19週目 9月17日(土)
黄化が進み、穂から緑色が抜けてきました。あと2週間ほどで刈り取りです 出穂から39日目の稲。だいぶ登熟も進んできました。となりの写真(9月4日)と色をくらべてみてください 出穂から46日目、刈り取り直前の姿です。次週はもう刈り終えているはずです
大きな画像で見る 大きな画像で見る。
大きな画像で見る 大きな画像で見る。
大きな画像で見る 大きな画像で見る。

◇20週目 9月24日(土) ◇21週目 10月1日(土)
出穂から53日目。今週は雨の日が続いたからか、作業が遅れぎみでまだ田んぼに残ってました 刈り取りが終わり切り株の残った今野さんのほ場。前回の掲載の翌日に刈り取ったとのことでした
大きな画像で見る 大きな画像で見る。
大きな画像で見る 大きな画像で見る。



  ひとつ前のページにもどる JA全農山形〔庄内統括事務所〕トップページに戻る このページの先頭へ