米-米俵

JA全農山形|庄内平野のホームページ-おいしい国庄内〜美味しい庄内米“はえぬき”ができるまでJA全農山形

庄内平野のホームページ-おいしい国庄内〔JA全農山形〕トップページ庄内平野の米づくり〜美味しい庄内米“はえぬき”ができるまでマイ子とコメ夫のバケツ稲の育て方(お米ができるまで)庄内米おもしろ質問箱
サイトマップ〔JA全農山形〕庄内平野のホームページ-おいしい国庄内

庄内平野の米づくり

◎米づくり年間カレンダー◎
3月4月5月6月月8月9月10月
籾を乾燥させる 稲刈り 穂が出てから実るまで 病気や害虫から稲を守る 10月へ 8月へ
バケツ稲の育て方
9月

【稲の刈り取り】

庄内平野の米づくりをPDFデータでダウンロード

◎稲刈り

穂が出そろってから、およそ40〜45日たつと、黄金色の成熟期になります。いつ刈り取るかは、収穫・品質・食味に大きく関係するので、十分注意します。
刈り取りを始めるのは、〔1〕穂が出てからの積算温度(穂が出てからの毎日の平均気温を足した気温)が、ほぼ1000度に達し、〔2〕全体の籾の中で青い籾の割合が15〜20%くらいで、〔3〕籾の中の水分が25%前後、この3つの条件に達した時です。庄内地方の稲刈りは、おもにコンバインを使って、刈り取りと脱穀(稲から籾だけをとる)を同時に行っています。



もどる すすむ
カレンダーのページにもどる

このページの先頭へ
ひとつ前のページにもどるJA全農山形〔庄内統括事務所〕トップページに戻る
Copyright  JA Zen-noh Yamagata (Shonai branch). All Rights Reserved.