米-米俵

JA全農山形|庄内平野のホームページ-おいしい国庄内〜美味しい庄内米“はえぬき”ができるまでJA全農山形

庄内平野のホームページ-おいしい国庄内〔JA全農山形〕トップページ庄内平野の米づくり〜美味しい庄内米“はえぬき”ができるまでマイ子とコメ夫のバケツ稲の育て方(お米ができるまで)庄内米おもしろ質問箱
サイトマップ〔JA全農山形〕庄内平野のホームページ-おいしい国庄内

庄内平野の米づくり

◎米づくり年間カレンダー◎
3月4月5月6月月8月9月10月
田の水を管理する 肥料(追肥)をあたえる 中干しする 田んぼに溝をほる 雑草から稲を守る 生育調査をする こまめに水管理をする 7月へ 5月へ
バケツ稲の育て方
6月

【稲を守り育てる】

庄内平野の米づくりをPDFデータでダウンロード

ハカセ 田植えをしてから、株分かれが終るまでの稲は、水管理に注意をはらい、田んぼの雑草を防除することが大切なんじゃ。
マイ子 昔は草とりが大変だったのよ。


◎田んぼに溝をほる

稲の間に溝をつける作業(作溝)は、土の中から肥料分や水分を吸収して稲の生長を助ける根が、土の中でのびのび働けるようにするためのものです。土の中の空気や温度を調節したり、有機物の分解で出てくるガスをぬくためには、きめこまやかな水管理が必要ですが、この水管理をしやすくするのが溝づくりです。6月中旬から下旬にかけて、作溝機を使って、稲の列2〜3メートルおきに15センチメートルくらいの深さの溝を掘ります。

作溝作業のようす
田んぼの表面に掘られた溝

溝切り機(作溝機)後ろの三角形をした金属の
フロートが、田んぼに溝を掘っていきます
2008年にデビューしたばかりの乗用式の
溝切り機「田面ライダー」

自走式の溝切り機で田んぼに溝を掘っていく作溝作業
(Flash=swfファイル)

このムービーをご覧いただくためには Flash Player(プラグイン)が必要になります。必要に応じて下のアイコンをクリックしインストール(無償)してご覧下さい。
  Get Flash Player


もどる すすむ
カレンダーのページにもどる

このページの先頭へ
ひとつ前のページにもどるJA全農山形〔庄内統括事務所〕トップページに戻る
Copyright  JA Zen-noh Yamagata (Shonai branch). All Rights Reserved.