米-米俵

JA全農山形|庄内平野のホームページ-おいしい国庄内〜美味しい庄内米“はえぬき”ができるまでJA全農山形

庄内平野のホームページ-おいしい国庄内〔JA全農山形〕トップページ庄内平野の米づくり〜美味しい庄内米“はえぬき”ができるまでマイ子とコメ夫のバケツ稲の育て方(お米ができるまで)庄内米おもしろ質問箱
サイトマップ〔JA全農山形〕庄内平野のホームページ-おいしい国庄内

庄内平野の米づくり

◎米づくり年間カレンダー◎
3月4月5月6月月8月9月10月
種に水分を吸収させる(浸種) 種の病原菌を殺す(種子消毒) 3月へ 発芽を揃えるため、種を温める(催芽) 4月へ
予告編|バケツ稲の育て方 バケツ稲の育て方
3月

【良い種を用意する】

庄内平野の米づくりをPDFデータでダウンロード

◎種に水分を吸収させる(浸種)

種に水を吸わせるのは、発芽に必要な水分をあたえることと、発芽をそろえるねらいがあり、種の重さが25%くらい増えるまで水を吸わせます。
水に浸す日数は、水の温度と関係しており、毎日の平均水温を足して120度(これを積算水温といいます)になる日数がだいたいのめやすです。
たとえば平均水温が10度では12日間、15度では8日間です。均一に水を吸わせないと発芽が不揃いになるので、種袋を水の中で上下に揺らしたりして水の吸収を助けます。



もどる すすむ
カレンダーのページにもどる

このページの先頭へ
ひとつ前のページにもどるJA全農山形〔庄内統括事務所〕トップページに戻る
Copyright  JA Zen-noh Yamagata (Shonai branch). All Rights Reserved.